BAHCO WORLD JAPAN

TAGS: ROLLCAB, ロールキャブ, ツールストレージ, TOOLSTORAGE, 工具箱

前回ストレージHUB(ハブ)シリーズの特徴を簡易的に書きましたが、今回は少しだけ詳しく解説をします。

 

・引出しの開閉機構が直観的な方式に。取っ手部分を手前に引くだけで簡易ロックが外れ開閉が可能。(PREMIUMのみ)

 

引出しには簡易ロックがかかっており、地震などの揺れによる不意の引出しの開閉を防ぐ機構が備わっています。

従来のBAHCOのロールキャブのLOCK&GO(ロックアンドゴー)システムでは、引出しの取っ手部分裏についているはしご状のパーツを横にスライドして開閉を行っていましたが、PREMIUM(プレミアム)ラインのロールキャブはこの開閉機構がより直観的になっています。

取っ手部分を手前に軽くだけです。

動画を見ていただくのが早いかもしれませんね。

 

 

 

・一つの引出しが開いている時は他の引出しが開かないようロックがかかる「1DAAT」システム。同時に引出しが開くことによるロールキャブの転倒の危険がない。(PREMIUMのみ)

 

複数の引出しを同時に開くと、中に入っているツールの重量でロールキャブ自体が転倒し、作業者や周りの物品に当たってしまう危険があります。

危険だと分かってはいてもついついやってしまう複数引出しの開閉ですが、これをできなくしてしまうのが「1DAAT」システムです。

従業員の安全を第一に考える企業の管理者様には嬉しい機能ですね。

 

・コーナーバンパーは引出し一つ一つに独立して付いているため、引出しをあけた先にある物に当たってしまっても、対象物を傷つける心配が少ない。(PREMIUMのみ)

 

引出しをあけた先に作業対象の品物が有って、ひやりとした経験をした方は多いはず。

通常コーナーバンパーはロールキャブ自体を守るための物ですが、PREMIUMラインのコーナーバンパーは周囲のモノも守ります。プラスチックでできているため、万が一品物などにあたってしまっても被害は少なく済みます。

 

・天板は細かいパーツなどを仮置きできるコンポジットトップが標準装備。温かみのあるウッドトップや経済的なMDF(合板トップ)、安心のステンレストップに交換が可能。(PREMIUMのみ)

・天板両端にはスクリュードライバーホルダーが付属。(PREMIUMのみ)

・天板四隅に追加アクセサリーを取り付けることができる。(PREMIUMのみ)

 

標準装備のコンポジットトップは、作業スペースとパーツ置き場が備わった優れものです。天板を別の種類のものに変えても、変わるのは真ん中のスペースだけなので、天面両端についているスクリュードライバーホルダーはそのまま残ります。

追加アクセサリーを付けることで、作業やツール保管の幅が広がります。

以下のようなラインナップが揃っており、作業状況に合わせたカスタマイズが可能です。

 

・4輪の内2輪のスイベルキャスターはロックをかけるとスイベル機構にもロックがかかる。(PREMIUMのみ)

 

キャスターをロックしても、ロールキャブに寄り掛かったりした場合スイベル機構が生きているとロールキャブごとグリンッ!と動いてしまうことが有りますよね。

PREMIUMラインロールキャブのキャスターはスイベル機構もロックがかかるので、グリンッ!と動くことが有りません。

 

・ボディフレーム側面にもアクセサリ追加用のスロット付き(PREMIUM / ENTRY共通)

 

側面に天面とは別の追加アクセサリを取り付けることができるスロットが並んでいます。

アクセサリにはカンホルダーやドキュメントホルダー、フックなどを取り付けることができる格子状の網等、使用者視点にて考えられたアクセサリーが用意されています。

更に、ロックの開閉を通常の差込み型の鍵から、オプションの暗証番号式に変えることも可能です。

 

利便性、カスタマイズ性にあふれたストレージHUBシリーズ。

ご興味ある方は是非フライヤーをダウンロードして下さい。