BAHCO WORLD JAPAN

TAGS: ROLLCAB, ロールキャブ, ツールストレージ, TOOLSTORAGE, 工具箱

BAHCO(バーコ)ブランドのロールキャブと言えば今までは1475Kシリーズでしたが、今年になってBAHCOは全く新しいコンセプトのロールキャブシリーズをリリースしました。

名付けてストレージHUBシリーズ!

 

 

フライヤーはこちらからダウンロード

 

ストレージハブシリーズは大きく分けてPREMIUM(プレミアム)ラインとENTRY(エントリー)ラインに分かれます。

いろいろ書く事、両ラインそれぞれ細かい特徴がありますが、HUBシリーズがどのくらい魅力的かとご理解いただくために、まずはザッと箇条書きにしますね。

 

・引出しの開閉機構が直観的な方式に。取っ手部分を手前に引くだけで簡易ロックが外れ開閉が可能。(PREMIUMのみ)

一つの引出しが開いている時は他の引出しが開かないようロックがかかる「1DAAT」システム。同時に引出しが開くことによるロールキャブの転倒の危険がない。(PREMIUMのみ)

コーナーバンパーは引出し一つ一つに独立して付いているため、引出しをあけた先にある物に当たってしまっても、対象物を傷つける心配が少ない。(PREMIUMのみ)

・天板は細かいパーツなどを仮置きできるコンポジットトップが標準装備。温かみのあるウッドトップや経済的なMDF(合板トップ)、安心のステンレストップに交換が可能。(PREMIUMのみ)

・天板両端にはスクリュードライバーホルダーが付属。(PREMIUMのみ)

・天板四隅に追加アクセサリーを取り付けることができる。(PREMIUMのみ)

・4輪の内2輪のスイベルキャスターはロックをかけるとスイベル機構にもロックがかかる。(PREMIUMのみ)

ボディーフレーム側面は2重構造で、万が一外側が凹んでしまっても引出しは問題なく開閉可能。(PREMIUM / ENTRY共通)

・ボディフレーム側面にもアクセサリ追加用のスロット付き(PREMIUM / ENTRY共通)

 

PREMIUMが高級モデル、ENTRYは機能を限定した基本モデルと言う位置づけです。

次回はさらに踏み込んだ解説をお届けします。

さらに踏み込んだ解説はこちら