BAHCO WORLD JAPAN

TAGS: LINDSTROM, リンドストローム, 精密ニッパー, 精密プライヤー, 精密ピンセット

Lindstromのもう一つの利点はその精密さにあります。

ニッパーとプライヤーにおいて先端部分が「合う」かどうかと言うのは非常に重要な要素です。先端を合わせるためにLindstromでは以下の製造方法を採用しています。

 

1)プレス加工やレーザー切削加工ではなく、熱間鍛造で作ります。

  Lindstromはこの熱間鍛造を精密に仕上げる技術に特化しており、これが最終的な製品の精密さに影響します。

 

2) ジョイント部分の仕上げは切削加工ではなく、研磨加工しています。

 

3) 特に先端に精度を求める一部の製品においては、ジョイント部分の結合方法に精密ねじと特殊ナットを使用、かつラップジョイントと言うジョイント部分の締め込みの力をコントロールしやすい組み込み方を採用しています。他の方式ではジョイント部分の締め込みの力をコントロールできなかったり、遊びができてしまったりと先端を合わせることが難しくなってしまいます。

 

 

次回はこの「合わせ」が重要である理由をお知らせします。