研究開発

BAHCOの成功は研究開発に費やした年月に支えられています。過去130年間に渡りBAHCOハンドツール・機材の世界的な成功と定評を築いてきた礎は常に研究開発でした。

ブランドの親会社であるSNA Europe社は、革新性を追求することで名高い企業です。手の筋挫傷の危険性や工具の繰り返しの使用によって起こり得る負傷が減少することにつながる、ハンドツールに関する人間工学の分野で世界をリードする科学的開発プログラムは、そんな企業姿勢をよく示しています。

スペインとスウェーデンの施設

BAHCOは二つの高度に専門化したR&Dセンターを有しています。一つはスウェーデンで会社の切削部門の製品開発を行い、もう一つはスペインで旋回部門を中心としています。

製品特徴の可視化とデザインを通じて最新の製造材料と技法を用い、BAHCOはプロユーザーに対し15,000以上の製品が記載されている幅広い専門分野を網羅したカタログを提供しています。

企業としては、全世界で400件以上の特許を取得し、デザインや卓越性に関して長い年月の中で数多くの賞を受賞してきました。

徹底的な研究開発の来歴

各製品群は、ユーザーのニーズや必須条件に関する膨大な知識を有する専門家により設計されてきています。専門家たちはすべての企業・産業部門にとって、どのような作業環境や天気であっても、最善となる解決策を生み出す決意しています。

BAHCOの名は、プロが求める安定性、快適さ、耐久性、強靭性、高性能および価値の代名詞として認知されています。BAHCOの名を冠した製品はすべて、そのブランド価値の由来となる徹底的な研究開発を基に生まれています。