BAHCO WORLD JAPAN

TAGS: Ergo, エルゴ,エルゴノミクス,人間工学

BAHCOはユーザーに対してどのような姿勢でいるのでしょうか。

 

 

平均的な人などいない!

ユーザー像に関してもBAHCOの考え方は独特です。

手の大きさ、人によって違いますよね?

製品を開発する際、BAHCOは「どの手の大きさの人にもなじむ完璧な製品」というものは開発しません。

「どの手の大きさの人にもなじむ」ということは、ちょうど中間の人はベストフィットでいいかもしれませんが、一番大きい人や一番小さい人は多少なりとも体をツールに合わせて無理をしていることとなります。

ユーザーに無理をさせるということは、先述の「作業者の安全、健康がエルゴノミクスの考え方の中心」と矛盾します。

ではどうするか。

 

簡単です。

手袋のように、SMLサイズのツールを開発します。

これで、誰でも無理なく、安全にツールを使用できますもんね。

 

次回は、BAHCOがエルゴノミクスの考え方を製品にどのように落とし込むか、をお伝えします。